もしも自分に近しい人が突然倒れてしまったら、もしくはそんな現場に
たまたま居合わせてしまったら・・・冷静に対応できるでしょうか。

職員を対象に、いざという時に慌てず対応できるように、
定期的にBLS(一次救命処置)研修会を行っています。

また、しっかりと知識が定着するよう一定期間で繰り返し開催しており、
今回も新人さんからベテランの方まで幅広くご参加いただきました。

BLSにおいて最も大事なのは迅速かつ正確な行動をとることです。

研修ではそんな心構えやAEDの取り扱い、胸骨圧迫(心臓マッサージ)
正しい方法を学んでいただきました。


とくに重要とされる胸骨圧迫は、圧迫するテンポ、部位、深さなど気を
付けることが多く、経験がない方には少し難しいものでしょう。
些細なことでも質問しやすいよう講師がマンツーマンで付き、
チェックリストを用いて受講者の理解度を確認しながら指導しています。

受講者からは

「講師との距離が近く、深く理解できた」
「研修ながら講師の方も熱が入っていて、本番さながらの緊張感を体験できた」

などの声をいただきました。


こうした研修会を継続し、院内だけでなく、院外での救命活動でも活躍できるよう
「万が一より億が一にも備える」という気持ちで職員のスキルアップを図っています。

伊奈病院FaceBook