今年度入職の新人看護師5名による1年間の振り返り発表会がありました。

 

新人さんたちは、看護部長や所属長、指導担当の先輩たちが見守る中、業務の
なかで学んだことや難しかったこと、自信をなくした出来事などを患者さんや
先輩看護師とのエピソードを交えて、所属長や先輩方への感謝の気持ちを伝えました。

看護師としての責任の重さや緊張、不安で余裕がなかったこと、
その時かけていただいた言葉などを思い出し、感情がこみあげて
言葉に詰まってしまう場面もありました。
これには聞いていた先輩看護師たちも思わず、もらい泣き。

所属長や先輩からは
「後輩を指導することの難しさを感じたけれど、みなさんの日々の成長を
感じることができてやりがいがあった」

「自分たちが新人の頃も同じだったよ。」

「続けて学んできた1年間を誇りに思い、感謝の心を忘れず頑張ってほしい。」

「一人じゃないよ。頼っていいんだよ。今後も一緒に問題を解決していきましょう。」

と激励の言葉がかけられました。
最後、看護部長からサプライズプレゼントもあり、みなさんが先輩たちに
愛されているなあと感じる“涙、涙”の感動的な発表会となりました。


「1番感謝しなければならない相手は患者さん」とみなさんが言っていました。
これからも患者さんに寄り添った看護を目指し、大きく成長してくれることでしょう。

伊奈病院FaceBook
伊奈病院HP 看護部