こんにちは。この度、伊奈病院では新しく64列のCT装置を導入しました!

このCT装置では、従来の16列のCT装置に比べて被ばく線量が30%~40%低減されているだけでなく、より広い範囲をより短時間で撮影することが可能なので、今までより安心して検査を受けられます。

さらに、体内に金属のある患者さんは従来では金属周辺の評価は困難でしたが、最新の技術により金属の周辺であっても、より正確な情報に近づいた画像を得ることができます。

左の人工股関節を足側から撮影した画像(上が腹部側)で比較してみます。

【従来】                         【最新】

       

円状の白く映っているのが人工股関節ですが、従来の装置では周辺が黒くなったり線が入ってしまったりして、画像が見えにくくなっています。最新のCT装置で撮った画像は白い円の周辺がより鮮明に映っているのがわかります。

また、装置の導入にともない、CT室も大幅に改装され、広々とした明るい検査室となりました。狭い場所が苦手な方、小さなお子さまも、よりリラックスした状態で検査を受けられます。

新しい年が明け、装置も新しくなり、放射線科スタッフ一同、日々スキルアップしながらみなさまをお迎えいたします。

伊奈病院FaceBook