病院の案内

糖尿病患者の血糖コントロール

HbA1cは、過去2〜3ヵ月間の血糖値のコントロール状態を示す指標で、正常値は5.8%以下とされています。糖尿病患者の血糖コントロールは、HbA1cが6.5%以下であれば「良好」とされ、7.0%以下であれば「可」とされます。
糖尿病による合併症頻度はHbA1cの改善度に比例しており、合併症を予防するために、HbA1cを6.5%以下に維持することが推奨されています。したがって、HbA1cが7.0%あるいは6.5%以下にコントロールされている患者の割合を調べることは、糖尿病診療の質を判断するにふさわしい指標であると考えられます。

糖尿病患者の血糖コントロールのグラフ
グラフ

算出方法
分子:HbA1cの最終値が7.0%未満(NGSP)の外来患者数
分母:薬物治療をしている外来患者数