病院の案内

手術開始1時間以内の予防的抗菌薬投与率

手術後に、手術部位感染が発生すると、入院期間が延長し、入院医療費が有意に増大します。手術部位感染を予防する対策の1つとして、手術前後の抗菌薬投与があり、手術開始から終了後2〜3時間まで、血中および組織中の抗菌薬濃度を適切に保つことで、手術部位感染を予防できる可能性が高くなります。このため、手術執刀開始1時間以内に適切な抗菌薬を静脈注射することで、手術部位感染を予防し、入院期間の延長や医療費の増大を抑えることができると考えられます。

特定術式における手術開始前1時間以内の予防的抗菌薬投与率のグラフ
グラフ

算出方法
分子:手術開始前1時間以内に予防的抗菌薬が投与開始された手術件数
分母:特定術式の手術件数