ご利用の皆さまへ

インフルエンザ予防接種

インフルエンザ(季節性)、予防接種の必要性について

インフルエンザは、毎年1月頃から春先にかけて流行する急性感染症の一種です。

突然の38度以上の高熱や頭痛、筋肉痛、関節痛、全身倦怠感などの症状が出るのが特徴で、非常に感染力の強い感染症です。
感染は咳、くしゃみによる飛沫感染にて起こります。予防としてはマスクの着用、手洗い・うがいが有効的ですが、最も効果の高い予防方法は、インルエンザが流行する前に予防接種を受け、免疫を高めておくことです。
しかし、予防接種を受けたからといって、必ずしもインフルエンザにかからないというわけではありません。仮にかかったとしても、症状が重くならずにすむというメリットがあります。

インフルエンザの予防接種は1度の接種で一生効果があるものではありません。インフルエンザウイルスは種類が複数あり、毎年流行するウイルスの種類が異なるので、毎年接種する必要があります。

予防接種について

インフルエンザ予防接種は、接種から効果が出るまでに3〜4週間ほどかかりますので、流行期を迎える12月半ばまでに受けるのが理想的です。

接種回数については、13歳未満のお子さまは、インフルエンザに対する免疫力が低いので、1回接種したのち3〜4週間後に再度接種をする2回接種法をお勧めします。また、成人の方は、これまでにインフルエンザに対して多少の免疫をお持ちなので、1回の接種でも問題はないと思います。しかし、65歳以上の方や受験生などは万全を期す意味で、2回接種法が望ましいと思います。

予防接種料金について

インフルエンザワクチン料金案内

その他

当院では、インフルエンザ予防接種のみでご来院の方の待ち時間短縮のため、予約制もございます。
詳しくは、受付窓口、お電話等にてお問い合わせください。

問い合わせ窓口

窓口

初診受付(医事課)

TEL

048-721-3692(代表)

E-mail

ina_info@inahp.saitama.jp