診療科・部門のご案内

作業療法

作業療法部門では、急性期から維持期における脳血管疾患(脳梗塞・脳出血など)、骨折などの整形疾患により日常生活に支障が生じた患者さまに対し、動作練習を行なっています。

日常生活動作(ADL)練習

ベッドサイドにて早期からサポートを行ない、退院前になると家屋評価の情報をもとに、家庭での生活により近付けた模擬動作練習を行なっていきます。訓練場所はADL動作訓練室(入浴、トイレ動作、洗濯等模擬的練習をする場所)、和室、台所と充実しています。患者さまの必要性に応じて各動作練習を行なったり、患者さまのご自宅に手すりをつけるなど環境面についてもアプローチしていきます。

入浴動作訓練

入浴動作訓練

トイレ動作訓練

トイレ動作訓練

ADL室

ADL室

和室

和室

充実した作業療法物品

充実した作業療法物品


機能練習

機能的な練習のためのペグ、サンディング、セラプラスト等の道具を使用しての治療の他、折り紙や籐細工等の手工芸を通しての治療も行なっています。また、高次脳機能検査を行なえるスペースを設け、身体的治療のみではなく高次脳機能面へのアプローチも行い、患者さまを幅広くサポートしていきます。

高次脳機能検査

上肢機能訓練

患者様の作品

上肢機能訓練

その他

作業療法部門にて勉強会を行っています。スタッフが様々な学会や研修会に参加し、その内容の伝達や症例検討会などを行なっています。