診療科・部門のご案内

理学療法

理学療法部門では、患者さまの機能障害、活動制限などのハンディキャップに対し、機能訓練、物理療法、在宅、補装具等の環境整備、家族指導などの手段で、その障害を軽減させ、患者さま一人一人にあったQOL(Quality of Life)の向上を援助します。

マッケンジー法

マッケンジー法とは、腰や首の痛みや手足の痺れを和らげる為の運動療法です。この手法は自己治療(self-treatment)と再発防止(prevention of recurrence)を重要視した自己管理を基本としており、自己治療に必要な運動(体操)や、痛みが出現しにくい姿勢・生活環境などを提案し、自己管理への援助を行います。

スポーツリハビリテーション

当院には、日本体育協会公認スポーツドクターが専任でおります。理学療法士にも日本体育協会公認アスレティックトレーナーがおり、フォローアップ体制が充実しています。各種スポーツ競技特性に応じた競技パフォーマンス指導・メディカルからアスレティックリハビリテーションまでの一貫した流れにてサポートをしています。野球・サッカー・バスケットボール・バトミントンなどの種目で怪我をされた選手も多く来院されます。マッケンジー法(腰痛体操)、投球フォームや各種スポーツ動作のチェック、コンディショニングアドバイスなどを行なっています。

また、必要に応じてテーピング処方や足底板作製の対応が可能です。肩関節・膝関節疾患(半月板・前十字靭帯)など関節鏡による術後のリハビリテーションも多症例行なっています。

マッケンジー法1

マッケンジー法2

マッケンジー法

スポーツリハビリテーション1

スポーツリハビリテーション2

スポーツリハビリテーション

理学療法士によるスポーツサポート活動

当リハビリテーション科では、サッカー・野球・ボート競技などその他、スポーツ現場でのコンディショニング・サポート活動を積極的に行なっています。

高校野球サポート1

高校野球サポート2

サッカー部へのサポート活動

高校野球サポート
サッカー部へのサポート活動

ボート競技サポート
障害者スポーツサポート

足底板療法を用いたリハビリテーション

足底板とは、主に足にある3つのアーチ(内側・外側・横)を足底部から支え、足の位置や動きを考慮した装具です。一般に靴の中に挿入して使用されます。足の位置や動きの変化が、膝・股関節・腰部などに大きな影響を及ぼすことが分かり、スポーツや医療分野においても幅広く活用されています。基本的な考え方としては、「身体の様々な障害を引き起こしているメカニカルなストレスの原因となる動きを変化させるもの」であり、効果としては、姿勢変化による疼痛や疲労の改善・競技パフォーマンスの向上などが挙げられます。

外反母趾、足底筋膜炎、有痛性外脛骨、シンスプリント、変形性膝関節症、腰痛など様々な疾患の適応が可能となります。

当院においても、障害関節の位置や動きを操作することを目的として処方するため、運動分析を専門とする理学療法士により評価・作製しています。

足底板作製の手順

足底板作製の手順<

足底板作成

完成した足底板