診療科・部門のご案内

CT検査

CT検査とは

CT検査

X線を用いて撮影を行い、コンピュータで処理することにより、身体のいろいろな場所の輪切り像が得られる検査です。
伊奈病院ではシーメンス社のマルチスライス(SOMATOM Emotion16)を使用しておりヘリカルスキャンにてデータを収集するため、高分解能かつ高速な撮影が行えます。

特徴

短時間で検査ができます。
【例: 頭部5〜10分  胸部・腹部10〜15分】
撮影自体、全く痛みがありません(造影剤を使わない場合)。
レントゲン写真と比べて、体の中の詳しい情報が得られます。
被曝量が少なく、人体への影響はほとんどありません。

X線透視検査

注意事項

撮影を行う部位に、金属類(衣服の金具・下着のホック・ピップエレキバン・ホッカイロ・入れ墨・補聴器・ヘアピンなど)があると、画像がとても汚くなってしまいます。必ず外すようにしましょう。

CTは動きに弱い検査です。検査中は体を動かさないように気をつけましょう。
息止めが必要な場合もあります。そのときは指示に従い、しっかりと息を止めてください。
検査目的により、検査前のトイレや食事に制限がかかることがあります。
また、妊娠している方・妊娠の可能性がある方は、検査ができないことがあります。

検査について不安なことや分からないことがありましたら、職員まで声をおかけください。