診療科・部門のご案内

新人看護師支援体制

専任の指導者が新人ナースを丁寧にサポートします。初めは誰でも感じる不安や悩みなどを段階的な研修プランの中でフォローし、確かな成長へと導きます。また、同期生と語り合うプログラムがありますので成長過程を確認することができます。

新人教育

行動目標 主な業務開始の目安 主な参加行事
4月 ●社会人としての自覚がもて、職場環境に慣れる
●院内の職業規定を知りスタッフの一員としての自覚が持てる
入職時研修
部署配属
AMGキックオフ大会
5月 ●日勤業務の流れがわかり、チームの一員としての役割がわかる
●院内の看護手順に基づき、指導看護師と共に基本的看護業務ができる
●患者の日常生活の援助ができる
●同期の仲間と交流を深め、意見交換ができる
  AMGバレーボール大会
伊奈病院 看護の日
6月 ●危険防止の配慮ができる
●夜勤業務に必要な知識・技術が習得できる
看護記録記載
担当看護師業務
カウンセリング
7月 ●患者の危険防止のための配慮・防止策を実施できる
●担当患者を通して看護過程の展開ができる
中勤業務開始  
8月 ●患者の個別性を踏まえた看護技術が提供できる 夜勤業務開始  
9月 ●指導を受けながら夜勤業務ができる 受け持ち看護師
業務開始
(入院対応)
新人職員
リフレッシュ研修
10月 ●チーム医療を理解し、他部門と協力・協働ができる   CMS学会
AMG運動会
11月 ●チームメンバーの役割を再認識し、メンバーとしての責任と自覚をもって行動ができる   カウンセリング
12月 ●患者の全体像をとらえ、個別性のある看護過程が展開できる    
1月 ●患者の急変時の対処がわかる 業務の自立  
2月 ●急変時、リーダーの指示に従い適切な行動がとれ連絡方法がわかる
●予測を持った観察ができる
  AMG学会
3月 ●1年を振り返り看護観や今後の課題を明確にすることができる    
通年 ●看護の実施を通し、日頃の看護を振り返り、疑問点・興味あるものなどを追求(学習)する
姿勢を持つことができる
●報告・連絡・相談がタイムリーにできる
●看護技術の習得・看護師としての基本姿勢・管理的側面の習得

  • 電子カルテで実際に操作して
    記録の方法などを学びます。


  • 静脈注射の模型を使って、
    感覚をつかめるように練習します。