診療科・部門のご案内

スタッフからのメッセージ

外科病棟勤務

実地指導者や教育担当の先輩をはじめスタッフの方々が優しく指導をしてくださり、
安心して仕事をすることができました。

4月に入職してから病棟へ配属となるまでにも、医療安全や院内のマニュアルの説明、点滴技術の練習などたくさんの研修があり、病棟配属後も不安なく働ことができました。実地指導者や教育担当の先輩をはじめ病棟スタッフの方々はとても優しく指導をしてくださり、安心して仕事をすることができました。また院内研修が数多くあり、レベルTの研修では記録の書き方やプランの立案。評価の仕方など日々の業務に関する研修もあり、技術だけでなく看護記録などの面でも成長することができました。

電子カルテの使用によって、情報管理・チーム連携などがスムーズ、
患者さまへ質の良いサービスが提供できます。

当院では電子カルテの使用によって患者さまの情報管理を行っています。これにより医師と看護師の間だけでなく、薬剤師や理学療法士などとの連携もスムーズになることで、患者さまへ質の良いサービスの提供ができます。また検温表への記録時間が省略されるため、ベッドサイドでじっくり患者さまとお話したり、一緒に看護計画を立てたりと充分に身体的・精神的なケアを行うことができる利点をもっています。

整形外科病棟勤務

よりよい看護を提供するためには、多職種との連携を図り、患者さまの個別性に応じた看護を
実践していくことが重要だと学びました。

手術を受ける患者さまの不安に寄り添い、安心して入院生活が送れるように術前から手術室スタッフと連携を図っています。
入院時から退院に向けて他職種で連携を図り、一人ひとりの患者さまに応じた看護を提供できるようにチームワークが必要なことも学びました。
まだ、それぞれの専門領域からの多角的な視点を上手く統合してコーディネータの役割が担えるように、笑顔を忘れずこれからも患者さまと関わっていきたいと思います。

内科病棟勤務

中堅看護師の自覚を持って、後輩に接するよう心がけています。

内科病棟には、高齢の患者さま・慢性疾患を持っている患者さま・自ら訴えることの出来ない患者さまが入院されており、鋭い観察力・アセスメント能力が求められる環境です。私が新人の頃、悩んでいた時に適確なアドバイスをしてくださる先輩の存在がとても大きく感じられることがありました。私も、中堅看護師の自覚を持ち、先輩方のように後輩に接することが出来るよう頑張っています!

療養病棟勤務

中途入職の不安な気持ちは、すぐに解決しました。コミュニケーションも図れて、
毎日が楽しく充実しています。

入職するまではとても不安でしたが、入職後は充分にオリエンテーションを組んでいただき、その後も上司をはじめ、メンバーのフォローもあり、今では安心して働くことができています。スタッフ間のコミュニケーションもとても良く図れていて、お互いに協力しあい、患者さまにより良い看護を提供することができていると思います。
温かい職場の方々に囲まれ、毎日が楽しく充実しています。

24時間保育所は安心して預けられるので
仕事に集中することができ、充実した日々を送っています。

私には2才の息子がいます。24時間体制の保育室では年齢別にクラス分けされており、成長・発達に合わせた保育がなされています。息子は現在トイレトレーニングを楽しく行ってもらっている最中です。また大きな体育館と運動会も行われる園庭が隣接されており、子供達は明るくのびのびと過ごしています。
食事は栄養士さんの作ってくれる給食なのでとても助かっています。育児と仕事を両立しながら充実した日々を送っています。

  •