診療科・部門のご案内

白内障

人の目の中で、カメラのレンズにあたる部分を水晶体と呼びますが、この水晶体が濁ってくる病気を白内障といいます。進行すると手術が必要になりますが、手術技術の進歩により現在では良好な視力が回復できるようになりました。

原因として最も多いのが加齢によるもので、一般に老人性白内障と呼ばれています。早い人では40歳代から始まり、80歳代では詳しく検査を行えば大部分の人で白内障が発見されます。その他の原因として、外傷によるもの・先天的なもの・薬剤による副作用・そして他の目の病気に続いて起こるものなどが挙げられます。

水晶体が濁り始めると、かすんだり、物が二重に見えたり、まぶしく見えるなどの症状が出現します。進行すれば視力が低下してきます。

白内障のごく初期は点眼薬で進行を遅らせることができる場合もありますが、治癒させることはできません。進行した白内障に対しては、濁った水晶体を手術で取り除き、眼内レンズを埋め込む方法が一般的に行われます。

手術は局所麻酔で行われ、痛みはほとんどありません。最近の手術は約3mmの創から超音波の力で水晶体を吸い出し(超音波水晶体摘出術)、残した薄い膜(水晶体嚢)の中に眼内レンズを埋め込むという方法が主に行われています。
手術は白内障が進行してほとんど見えなくなってからも出来ますが、合併症の発生が高くなるため、ある程度視力が低下した時点で手術をすることが多くなっています。

麦粒腫

麦粒腫とは俗に「ものもらい」と呼ばれている病気で、原因は細菌感染によるものです。汗を出す腺や、まつげの毛根に感染した場合を外麦粒腫、マイボーム腺の感染を内麦粒腫と呼びます。

初めはまぶたに局所的な赤みが出現し、しばしば軽度の痛みや痒みを伴います。炎症が強くなってくると、赤み・腫れ・痛みが強くなります。化膿が進むと、腫れた部分が自然に破れて膿が出ることがあります。膿が出てしまえば、その後症状は回復に向かいます。

治療は抗生物質の点眼や内服を行います。化膿が進んだ場合は切開して膿を出すこともあります。汚い手で目をこすったりしないよう注意が必要です。

霰粒腫

霰粒腫とは眼瞼(まぶた)にあるマイボーム腺の出口がつまって慢性的な炎症が起きる結果、肉芽腫という塊ができる病気です。麦粒腫と異なり、細菌感染を伴わない無菌性の炎症です。

症状は眼瞼の腫れや異物感です。典型例では痛みも赤みもなく、眼瞼にコロコロとしたできものを触れます。炎症を伴った場合は麦粒腫と似た症状が出ることがあり、これを急性霰粒腫と呼びます。

腫瘤が小さければ自然に吸収されることもありますが、大きい場合は副腎皮質ステロイド薬を腫瘤に注射したり、手術で摘出したりする必要があります。急性霰粒腫に対しては、まず抗生物質などで消炎をはかります。高齢者では悪性腫瘍との鑑別が必要であることもあり、注意が必要です。

結膜下出血

結膜(しろめ)の血管が切れて、あざになっている状態です。見かけは派手ですが、これ自体は全く心配ありません。出血の程度によりますが、1〜2週間で完全に治ります。
原因として目をぶつけた、強くこすった、せき込んだ、嘔吐した、また目の手術後など、原因が特定できる場合がありますが、多くは原因不明です。ただし、目に限らず、全身に頻繁に内出血を起こす場合は薬の副作用や血液の病気の可能性があるため精査が必要です。

はやり目(流行性角結膜炎)

アデノウイルス(風邪の原因ウイルスの一種)の感染によって起こる結膜炎です。感染力が大変強く、結膜炎にかかった人の目を触った手で他の人の目を触ればほぼ100%感染しますし、その他タオルなどを介しても感染します。結膜だけでなくしばしば角膜(黒目)にも炎症が広がり、角膜上皮(角膜の一番表層の細胞層)が傷ついたり、淡い濁りができたりすることがあります。特に、小さい子供や赤ちゃんの場合には、急激に炎症が悪化しやすいので、注意が必要です。

症状は結膜が赤くなったり(充血)、まぶたの裏側にブツブツができて目やにや涙が増え、かゆみ、しょぼしょぼ感、ゴロゴロ感、まぶしい感じなどがあらわれます。症状がひどくなると、出血、耳の前のリンパ腺(耳前線)の腫れ、まぶたの急激な腫れ、しろめがブヨブヨしてくる(結膜浮腫)、発熱などが起こることもあります。

治療はウイルスに対する抵抗力を高めるため、睡眠や栄養豊富な食事をとり体力をつける事が第一の治療です。なお眼科では、二次感染を予防する目的で抗菌薬(点眼液)を処方したり、炎症の強い例では、弱いステロイド系の点眼液を処方することもあります。

炎症が落ち着いた後に角膜に混濁をきたすことがあり、その場合混濁が落ち着くまでステロイド点眼を少し長めに使用することがあります。

ご家族の方で、はやり目にかかったような症状が出た際には、2次感染を防ぐため手を石鹸でよく洗い、別のタオルを使用してください。お風呂は、はやり目のような症状をお持ちの方が一番最後に入り感染しないように注意しましょう。

円錐角膜

円錐角膜は原因不明の病気で若いうちに発病し、自然に角膜が前の方にとんがってきて視力が低下する病気です。感染症ではないので人にはうつりません。遺伝の可能性は一部に報告がありますが明らかではありません。片目だけの場合と両目ともかかる場合もあります。

円錐角膜の初期の自覚症状は視力の低下だけですので「今使っているめがねで見えにくくなった」「今使っているコンタクトで見えにくくなった」という訴えで受診され、検査で見つかることが大半です。単に見えづらくなっただけでも眼科の受診をおすすめします。ここ数年は眼科の検査機械の進歩で比較的初期の段階で発見されることがふえました。この場合よく使われる機械は「角膜形状解析装置」といいます。

アレルギーの関与なども可能性は指摘されていますが原因は不明です。

治療は、角膜の突出が軽い段階では進行を食い止めるためにハードコンタクトレンズを使います。これで効果が十分でれば、それ以上の治療は必要ありません。たいていハードコンタクトで実用上充分な視力が得られますが、病気の程度によってはコンタクトをつけても視力1.0が出ないこともあります。角膜内リングを挿入して角膜の強度を強くする方法も行われるようになってきています。

角膜の突出が強くなれば、角膜移植をします。ただし日本ではまだ提供角膜の不足や移植コーディネーター不足のため、移植までは数ヶ月か数年待つかもしれません。まったく治療をしないまま病気が進むと、角膜がひどく濁って(急性水症)極端に視力が下がる場合もあります。治療を恐れて病院に行かないとますます悪化しますのでいずれにせよ眼科を受診するようおすすめします。

飛蚊症

目の前に蚊や糸くずのような物が飛んで見えたり、雲のようなものが浮いて見えたり、墨を流したように見えたりする病気です。目を動かすと一緒に移動しているように感じられ、まばたきをしても消えません。飛蚊症はあらゆる年齢層に起こりますが、高齢の方ほど、特に近視の人ほど多く見られます。ある日突然このような症状がでたり、急に多く見えるようになったら、できるだけ早く眼科専門医の検査を受けてください。

網膜や硝子体の状態を観察するため、眼底検査をおこないます。すみずみまで観察するため、瞳孔を開く目薬(散瞳剤)を用います。検査後しばらくの間は、ものが見えずらくなりますので、車や自転車での来院は控えてください。

飛蚊症の多くは治療の必要のない生理的飛蚊症ですが、網膜剥離や硝子体出血などをきたしていることがあり、手術などで治療しなければならないことがあります。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は、糖尿病腎症・神経症とともに糖尿病の3大合併症のひとつで、我が国では成人の失明原因の第一位となっています。

網膜は眼底にある薄い神経の膜で、ものを見るために重要な役割をしています。網膜には光や色を感じる神経細胞が敷きつめられ、無数の細かい血管が張り巡らされています。血糖が高い状態が長く続くと、網膜の細い血管は少しずつ損傷を受け、変形したりつまったりします。血管がつまると網膜のすみずみまで酸素が行き渡らなくなり、網膜が酸欠状態に陥り、その結果として新しい血管(新生血管)を生やして酸素不足を補おうとします。新生血管はもろいために容易に出血を起こします。また、出血すると網膜にかさぶたのような膜(増殖組織)が張ってきて、これが原因で網膜剥離を起こすことがあります。糖尿病網膜症は、糖尿病になってから数年から10年以上経過して発症するといわれていますが、かなり進行するまで自覚症状がない場合もあり、まだ見えるから大丈夫という自己判断は危険です。糖尿病の人は目の症状がなくても定期的に眼科を受診し、眼底検査を受けるようにしましょう。

糖尿病網膜症の分類

糖尿病網膜症は、進行の程度により大きく三段階に分類されます。

単純糖尿病網膜症

初期の糖尿病網膜症です。最初に出現する異常は、細い血管の壁が盛り上がってできる血管瘤(毛細血管瘤)や、小さな出血(点状・斑状出血)です。蛋白質や脂肪が血管から漏れ出て網膜にシミ(硬性白斑)を形成することもあります。これらは血糖値のコントロールが良くなれば改善することもあります。この時期には自覚症状はほとんどありません。詳しい網膜の状態を調べるため眼底の血管造影(蛍光眼底造影検査)を行うこともあります。

前増殖糖尿病網膜症

単純網膜症より、一歩進行した状態です。細い網膜血管が広い範囲で閉塞すると、網膜に十分な酸素が行き渡らなくなり、足りなくなった酸素を供給するために新しい血管(新生血管)を作り出す準備を始めます。この時期になるとかすみなどの症状を自覚することが多いのですが、全く自覚症状がないこともあります。前増殖糖尿病網膜症では、多くの場合、網膜光凝固術を行う必要があります。

増殖糖尿病網膜症

進行した糖尿病網膜症で重症な段階です。新生血管が網膜や硝子体に向かって伸びてきます。新生血管の壁が破れると、硝子体に出血することがあります。硝子体は眼球の中の大部分を占める透明な組織です。ここに出血が起こると、視野に黒い影やゴミの様なものが見える飛蚊症と呼ばれる症状を自覚したり、出血量が多いと急な視力低下を自覚したりします。また、増殖組織といわれる線維性の膜が出現し、これが網膜を引っ張って網膜剥離(牽引性網膜剥離)を起こすことがあります。この段階の治療には、手術を必要とすることが多くなりますが、手術がうまくいっても日常生活に必要な視力の回復が得られないこともあります。この時期になると血糖の状態にかかわらず、網膜症は進行してゆきます。特に年齢が若いほど進行は早く、注意が必要です。

緑内障

緑内障は我が国における失明原因の上位を占めており、常に大きな問題として取り上げられています。以前の調査によると、40歳以上の緑内障患者は推定3.56%とされておりましたが、最近行われた大規模な調査では、これよりさらに多くの人が緑内障に罹患していることが分かりました。しかも緑内障があるのにもかかわらず、これに気付かずに過ごしている人が大勢いることも判明しました。

緑内障とは、視神経乳頭の異常と特徴的な視野の変化の両方あるいはどちらかがあり、眼圧を十分に下げることで視神経障害の改善あるいは進行を防止できる可能性のある病気と定義されています。古くから、眼圧が上昇することで視神経が障害される病気として理解されてきました。しかし、眼圧は正常の範囲にありながら、同様の視神経障害がおこるタイプの緑内障(正常眼圧緑内障)が存在します。
 見える範囲(視野)が狭くなる症状が最も一般的ですが、初期は視野障害があっても全く自覚しないことがほとんどです。多くの場合、病気の進行は緩やかなので、かなり進行するまで症状に気付かないこともあります。視野障害が進行した場合は、視力が低下したり、場合によっては失明することさえありえます。急激に眼圧が上昇した場合は眼痛・充血・目のかすみのほか、頭痛や吐き気を自覚することもあります。

緑内障の分類

原発開放隅角緑内障

線維柱帯が目詰まりを起こし、うまく房水が排出されないために眼圧が上昇し、視神経がその圧力に負けて障害されるタイプの緑内障です。このうち、眼圧がいわゆる正常範囲にありながら視神経が障害されるタイプの緑内障を正常眼圧緑内障といいます。正常眼圧緑内障では、視神経の血液循環が悪いために、通常では緑内障を起こさない程度の眼圧でも視神経が障害されるのではないかと考えられています。

原発閉塞隅角緑内障

隅角が狭くなり、房水の排出が極度に障害されるために眼圧が上昇するタイプの緑内障です。急激な眼圧上昇を来たすこともあり、これを一般に急性緑内障発作と呼びます。

緑内障の治療

薬物療法

多くの緑内障では、薬物療法が治療の基本となります。現在では、さまざまな薬効を持った点眼薬が発売されており、緑内障のタイプ・重症度・眼圧の高さなどに応じて処方されます。一種類の目薬だけで効果が少ないと判断された場合は、複数の目薬を組み合わせて処方されます。また、眼圧を下げる飲み薬もありますが、全身の副作用が強く出ることがあり、内服できない場合もあります。

レーザー治療

レーザー治療には主に二つの方法があります。ひとつは、虹彩(いわゆる茶目)に孔を開けて、眼内の房水の流れを変えるというもので、多くの閉塞隅角緑内障がこの方法によって治療可能です。虹彩に孔を開けるときにレーザーを使用します。もうひとつは、線維柱帯に照射することで房水の排出を促進するためのレーザー治療です。一部の開放隅角緑内障に効果があります。レーザー治療は外来で行うことができます。

手術

薬物療法やレーザー治療が功を奏さなかった場合に行われる治療です。大まかには、房水を眼外に染み出すように細工をする手術と、線維柱帯を切開して房水の排出をたやすくしてやる手術の二つがあります。緑内障の手術方法は年々改良が進み、治療成績もかなり改善されてきました。