診療科・部門のご案内

薬剤部門

当院薬剤部は、 『安全で質の高い医療の提供』 を信念とし、常に患者さま中心の医療を考え、医薬品に関する専門的知識をもとに病院組織の中で他医療関係者と情報交換を図りながら、医療チームの一員として行動しています。この医療チームの中で病院薬剤師は、医師と同様に独立した権限と責任とをもって医薬品に関する業務を行っています。

病院薬剤師の任務は、調剤、製剤、医薬品管理などの医薬品そのものを扱うだけでなく、医薬品に係わる正しい情報を迅速にかつ的確に提供し、 医薬品の持つ特性が医療に遺憾なく発揮されるように努めることにあります(医薬品情報業務)。これらの業務によって、私達薬剤部は病院における医薬品の責任部門として、医薬品の適正使用の推進に向けて、貢献できるよう努力する必要があると考えます。

医療の高度化に伴い、医薬品の有効性、安全性の確保のための医薬品情報管理は重要になってきます。このことは薬物療法を効果的に行うために、患者さまの薬歴管理、服薬指導、在宅医療への参画へと繋がります。私達は患者さまに調剤した薬剤の適正使用のために情報を提供することにより、医療の担い手として常に同僚及び他の医療関係者と協力し、医療及び保健、 福祉の向上に努め、患者さまの利益のために職能の最善を尽くしています。

伊奈病院薬剤部は

  • 調剤業務

  • 注射業務

  • 薬品管理(在庫管理)

  • 医薬品情報業務(DI室・服薬指導室)

  • 薬剤管理指導業務

を担当し、医薬品の専門家として患者さまの健康に貢献しています。

調剤業務

 薬剤部における調剤は入院患者さまに対する業務が中心となります。患者さまに投与する薬剤の品質、有効性、安全性を確保することを目的としている業務です。
すべての患者さまに安全に正しく薬剤を使って頂く為に、一人一人の患者さまに対して薬歴管理を行います。副作用がないか、現時点で使っている薬剤に対して新しく処方しようとする薬剤が影響を及ぼしたり(相互作用)、既に同じ薬剤が投与されていたり(重複投与)しないかをチェックする処方監査、処方された薬剤が正しく調剤されているか、患者さまに正しく投薬されようとしているかを確認する調剤監査を行い、入院患者さまが安全かつ正しく服薬できるように努めています。

注射業務

 注射薬の準備、輸液と薬剤の混合、吸入薬・点眼薬などの調製を行います。医師のオーダーに基づいて注射薬、点滴を準備します。
注射の業務には一本出し、混合業務、病棟でのセットがあります。輸液と各薬剤の混合、いわゆる混注は適正に行なわれなければ院内感染を巻き起こす重大な感染経路となりうると考えられます。そこで当院では、混合業務を薬剤師がクリーンベンチを使用することによって、無菌的に混合を行い、清潔かつ安全な薬剤供給を行なっています。また、患者さまが服用している薬剤との併用、混合する薬剤同士との配合変化のチェックを行い、必要があれば医師に問い合わせて指示を受け注射薬を準備します。

化学療法

我が国では年々30万人以上の方々ががんで亡くなっています。がんの治療法の中で化学療法は必要不可欠な手段です。しかし、抗がん剤の取り扱いを間違えると被曝だけでなく、それらの持つ毒性によって患者さまに危険な状態を引き起こします。

当院では登録制のレジメンに則って、効果的に化学療法を行ってます。そして、抗がん剤を調剤・投与する前にプロトコールのチェックを行います。患者さまに安全で正しい投与量・投与ルート・投与速度を確認します。
抗がん剤注射薬調製は安全キャビネットで行われます。抗がん剤の物性に合わせて、輸液と抗がん剤の混合に際して正しい手技で、確実かつ安全に行う必要があります。そのために当薬剤部では、薬剤師が抗がん剤のミキシングを行っています。また、薬剤師が患者さまのモニタリングを細かく行う事によって、患者さまが安心して治療が受けられるよう副作用軽減に努めています。

薬品管理

院内のほとんどの医薬品を発注し、各部署への薬品供給を行うと共に院内の薬品の在庫を把握しています。
薬剤部における発注数や入庫数、各部署への供給数や在庫数はコンピュータにて管理されています。このシステムはいつ、どこに、いくつ移動したかが瞬時に分かる仕組みになっています。

医薬品の在庫は、微妙なバランスで成り立っています。多過ぎると使用期限が切迫して必要以上の在庫を抱え、期限切れの薬品が生じて無駄に繋がります。逆に少な過ぎると必要な時に患者さまへ調剤するための薬が不足します。また医薬品や消毒薬は季節や流行によって必要な数が変動します。
薬剤部では薬品管理委員会を立ち上げ、その時期に適した在庫の定数を設定することにより、適正な在庫の維持に努めています。

医薬品情報業務

医薬品情報の収集、整理、保管及び情報の加工と専門的評価、伝達、質疑に対する情報の提供、 診療部会・薬事審議会への参画等を行っています。

薬剤部内の勉強会はもとより、病院全体の勉強会の運営等も行っています。また、月に一度程度院内の情報誌の作成も行っています。
薬剤の情報だけに留まらずシーズンのトピックス的な事柄(Ex 花粉症)も院内に情報提供しています。

TDM(薬物治療モニタリング)業務も開始し、薬剤の適正な使用を促し、医療の質の向上に貢献しています。一部の抗生物質、抗がん剤、抗けいれん剤などは有効濃度の範囲が狭いものがあり、用量を微妙な調節する必要があります。用量が少なすぎれば効果が現れず、逆に多すぎれば副作用が出てしまいます。血中濃度を測定し、必要に応じて増量や減量を行います。個々の患者さまにとって、このような薬剤で最も良い薬物療法を行うためにもTDMは不可欠です。

6月より開設された服薬指導室では、薬剤師が入院前の患者さまやご家族と面談を行います。ここで服薬に関する情報(既往歴、アレルギー歴、副作用歴など)を薬剤師が直接患者さまから収集します。他院で服用している薬剤を確認して、他の医療スタッフに情報提供を行っています。また持参された薬剤の鑑別や当院で用意できる代替の薬剤の提案をします。入院中の薬剤が患者さまに安全かつ効果的に用いられるよう役立て、医療安全の向上に寄与しています。そして、患者さまにとって 『身近な薬剤師』 を目指しています。

薬剤管理指導業務

入院中の患者さまにとって、初めての内服薬や点滴に対しては不安を持ちやすいです。そこで薬剤部では入院患者さまのベッドサイドに足を運び、患者さまの訴えを聞きながら個々に説明をします。そしてここで得た情報を他の医療スタッフへフィードバックすることにより、コンプライアンスの向上・QOLの向上を目標にしています。また、患者さまが退院後も安全に決められたとおりにお薬を使用・服用できるよう、薬剤師が退院時に説明を行います。

昨今、薬剤師に求められる知識はすでに薬の知識だけでなく、検査値・画像を含めた「 治療 」 の知識が「 医療チーム 」 の一員として必要不可欠です。カンファレンスへの参加、回診への同行といった業務へと日々変化しています。

NST(栄養サポートチーム)

NSTでは毎週木曜日に回診を行っています。患者さまの栄養状態が不十分であったり、電解質バランスが崩れたりすると、病気の治癒が遅くなるだけでなく、様々な合併症を引き起こす要因になります。特に入院期間の長い、自発的体位変換を困難にする要因のある患者さまでは褥瘡(とこずれ)ができやすく、栄養状態が悪いと治りにくくなります。薬剤師が患者さまに投与されている輸液の栄養バランスを算出・評価することで一日でも早い褥瘡の改善に貢献します。

ICT(感染症制御チーム)

MRSAに代表される院内感染症は治療法が不適切であると改善しないどころか、他の患者さま、医療従事者に感染する恐れがあります。薬剤師の役割としては、抗菌薬・消毒薬の使用状況のモニタリングや、抗生物質の投与設計(TDM)を行い、正しい改善方法を提言することにあります。

その他

当院では病院薬剤師は、医薬品の専門家として職務を全うするために、自己研鑽し向上する必要があると考えております。その為に以下の学術的研修を行い、日々患者さまの健康に貢献できるよう努めています。

  • 薬剤部内での勉強会・症例検討会(月1回)

  • 学会への参加

  • AMG薬剤部勉強会

  • 新人研修会

また、栄養サポートチーム(NST)、がん、感染制御などの認定薬剤師制度による専門薬剤師育成に向けて、研修施設や認定に必要な学会に参加する機会もあります。

施設見学

当院薬剤部の施設見学は随時受け付けております。

(調剤室、DI室、クリーンベンチ、安全キャビネット、服薬指導室 等)

下記までご連絡ください。

TEL:048-721-3692(代表)
FAX:048-721-3860
EMAIL:ina_hp@inahp.saitama.jp
担当:総務人事課